腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎とは 腱鞘炎になりやすい人について

腱鞘炎になりやすい人について

腱鞘炎になりやすいと言われている人たちがいます。腱鞘炎というのは、手や指の使いすぎが原因で、骨と筋肉をつなぐ腱鞘と腱が炎症を起こすために起こると言われています。ですから、美容師やピアニスト、スポーツ選手、楽器を演奏する仕事をしている人や趣味としている人など、手をよく使う人に多くみられます。

また現代は、パソコンや携帯などが普及してきていて、それらを日常的に長時間使用する人が多くなっていますので、腱鞘炎予備軍の人も増えてきているようです。

その他に、腱鞘炎になりやすいのは中高年の人です。年齢とともに身体も衰えていきますので、腱の耐久力も落ちます。ですから、若い頃より、どうしても腱に炎症が起きやすくなってしまうのです。ですから、身体の衰えというのも、腱鞘炎の原因の1つであると言えるでしょう。

ただ、激しい運動をする人や、反復性の作業を毎日している人は、若くても腱鞘炎になる可能性があります。また、関節リウマチや強皮症、痛風、ライター症候群などの関節の病気を持っている人も腱鞘炎を起こしやすいです。そして、女性で淋菌感染症にかかっている人は、淋菌が月経中や妊娠中に肩、手首、指、足の関節へ広がって、炎症を起こすこともあるようです。

腱鞘炎の症状自体は、あまり詳しく知られていませんので、腱鞘炎になっていたとしても、自分が腱鞘炎であるということに気がつかず、症状を悪化させてしまう人も多いようですので、気をつけたほうが良いでしょう。

腱鞘炎とは

腱鞘炎とは
腱鞘炎の症状について
腱鞘炎の原因
腱鞘炎の特徴
腱鞘炎になりやすい人について

マクロファージ 活性化
http://store.shopping.yahoo.co.jp/nourinn/macro1.html

http://www.amharcalainn.com/
http://www.amharcalainn.com/

ブラジリアンワックス
ブラジリアンワックスなら安心の日本製、専門サロンの無添加ワックスで!

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識