腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎の豆知識 お灸で治療は出来る?

お灸で治療は出来る?

手首や指が痛くなったらお灸に行かれる人も少なくありません。しかし、手首や指が痛くなると腱鞘炎であるという可能性が考えられます。一般的によく言われている腱鞘炎は、正確には狭窄腱鞘炎と言い、腱鞘が腫れたり、炎症を起こすことで、腱が滑らかに動かす事が出来なくなった状態になります。それを無理に動かすことで痛みが起こるわけです。

そのため、腱鞘炎かもしれないと思ったら、その患部を休ませ安静にすることが大切です。また、痛みが強い場合には、お灸だけでは対処できない場合がありますので、やはり病院で受診するほうが良いでしょう。

腱鞘炎を疑った時に行く病院は、整形外科になります。整形外科では、保存的療法、ステロイド注射などの治療が行われることが多いです。その他に行われるのは、電気療法・温熱療法です。電気療法などは、マイクロウェーブの超音波やレーザー光線を使って、温熱刺激で血液の流れや筋肉のコリをほぐし、痛みの原因をなくすという目的で行われます。また、ストレッチを行ってリハビリしたり、テーピングや装具をつけて、あまり動かさないように固定したりして、炎症が良くなるのを待つという治療方法もあります。

確かにお灸という治療方法も、なくはありません。しかし、お灸のみで、腱鞘炎を完全に治すということは難しくなりますので、できるだけ、お灸を併用しながら、温熱療法などの治療をしっかりと行う必要があります。

腱鞘炎の豆知識

腱鞘炎が悪化するとリウマチになるの?
腱鞘炎に良い食べ物
手術する時ってどんな時?
お灸で治療は出来る?

ナースシューズ 通販
ナースシューズの通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

クリーンスーツ
http://www.rakuten.co.jp/atomkousan/

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識