腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎の処置法 冷やす、温めるの効果について

冷やす、温めるの効果について

腱鞘炎の1番の治療方法は長期的に安静にすることです。しかし、仕事や日常生活を送っていく中で長期間休むというのもなかなか難しいと思います。そこでお勧めなのが冷やしたり、温めたりする治療方法です。

腱鞘炎の症状があり手を使った後に火照った感覚がある場合、冷却するもの一つの治療方法です。ビニール袋に氷水を入れて冷やしましょう。保冷剤だと雫が垂れないためサポーターで固定してそのまま仕事が出来るかもしれません。冷却していて痛みが緩和されない場合は別の方法を考えるべきですが、症状が楽になるのなら15分から20分程度冷やし続けても良いと思います。

逆に暖めるのは、手作業などの後時間が経過した場合や作業前などに温めると効果があるかもしれないでしょう。この場合は腱だけではなく腱と繋がってる筋肉も温めると良いかもしれません。超音波療法やレーザー照射などもこの温める治療の方法に分類されます。他にもあまり馴染みはないかもしれませんが、お灸での治療方法も温める療法の一つです。腱に沿って温めるのはとても効果的です。

また、腱鞘炎は痛み出した初期の頃であればやはり冷やすことが効果的であると言われています。初期症状の段階できちんと冷やしておけば、ある程度症状を抑えることが出来ます。しかし、慢性的な状態になってしまうと冷やしてもあまり効果がありません。長年腱鞘炎で悩んでいる方は温める方が良いでしょう。間違えた方法で処置すると余計に痛みが増してしまうこともあるため、あなたにとって楽になる方を選ぶようにして下さい。

冷やす、温めるの処置方法をうまく活用して腱鞘炎の症状を少しでも抑えるようにしましょう。

腱鞘炎の処置法

冷やす、温めるの効果
身体を動かす意味
定期健診と解剖講義
キーボードやマウスの過度の利用をおさえる
固定する
整骨院
鍼灸院
薬剤
他にもある腱鞘炎の治療方法
腱鞘炎の手術

事務服 オーバーブラウス
事務服のオーバーブラウスなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

三軒茶屋の歯医者
インプラント・ホワイトニング・抜歯・差し歯なら『コイズミデンタルオフィス』

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識