腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎の処置法 腱鞘炎の手術

腱鞘炎の手術

腱鞘炎の治療方法の1つに、手術という方法があります。

腱鞘炎の手術は、筋肉の一部を切り取るという治療法になりますが、この手術は、そこまで大掛かりなものではなく、局所麻酔で行うことが出来るので、10分程度で終わります。そのため、通院で手術を行うことが出来るので、入院をする必要はありません。

手術の中では比較的簡単な部類ですので、失敗するということはまずないでしょう。危険性もとても低い手術ですので、安心して受けることが出来ますが、医師の技術によっては、手術精度が変わってきますので、手術をすれば、100%確実に、治るというわけでもありません。

また、術後に筋力が落ちてしまったり、手術中に神経を傷つけてしまうというリスクもありますので、治療法で言えば最終手段になります。手術をする前にリハビリテーションを試すなど、その他にも治療方法や対処方法がたくさんありますので、どうしても、という場合のみ手術を行うようにしましょう。

ただ、切り残しの無いようにしっかり腱鞘を切れ取れば、腱鞘炎の再発の危険性もほとんどなくすことが出来ますので、根本から腱鞘炎を治療することが出来る方法であるということも事実です。

腱鞘炎を治す方法には、以上のような、手術という手段もありますが、それにはメリットもデメリットもありますので、もし手術を受ける場合には、この辺のことも考慮し、なおかつ自分でも信用のある医師に尋ねたりして、納得してから受けるように心がけましょう。

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識