腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎の処置法 キーボードやマウスの過度の利用をおさえる

キーボードやマウスの過度の利用をおさえる

パソコンのキーボードやマウスを長時間使用することは腱鞘炎の原因になりやすいのです。本来であれば、腱鞘炎になった場合は症状が出ている箇所を休ませるのが一番良い方法です。しかし、パソコンでの入力が必要な仕事をしている方であれば、腱鞘炎で手が痛いからといって仕事を簡単に休んだり、辞めたりすることは出来ないことだと思います。

そのような場合は、パソコンでの入力作業やマウス操作を出来るだけ長時間続けないように努力することが大切です。手にあまり負担をかけないように対応するしかありません。オフィスワークで必須とも言えるキーボードなどでの入力作業は、現代において切っても切り離せない仕事の一つです。そのため、このような仕事を抱えながらの腱鞘炎を予防、あるいは腱鞘炎と上手に付き合っていくこはとても重要になります。腱鞘炎を予防するために何をすべきかを考えましょう。例えば以下のような対策があります。

◆必ず小休止を挟むようにする
◆事前・事後にストレッチをする
◆痛みを感じたら使用を控える
◆痛いと思ったら手を冷やす

このように腱鞘炎を予防する方法はたくさんあります。長時間パソコンを使用しなければならない場合は、2時間間隔でも良いので使っていない筋肉を動かすようにしましょう。首や肩を回したりするだけでも筋肉はかなりほぐれます。これなら座っていても出来ます。ぜひ試してみて下さい。

その他にもキーボード、マウスを使う場合は無理な姿勢を取らないようにしましょう。最近では良い姿勢でパソコンに向かうための健康チェアーなども販売されています。途中休憩を設けてストレッチ、小休止をするように心掛け、痛みを感じたら冷やすなどでコントロールしましょう。

腱鞘炎の処置法

冷やす、温めるの効果
身体を動かす意味
定期健診と解剖講義
キーボードやマウスの過度の利用をおさえる
固定する
整骨院
鍼灸院
薬剤
他にもある腱鞘炎の治療方法
腱鞘炎の手術

ポスティングhttp://www.prograce.net/

スクラブ ナース
スクラブのナースなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

ハウスクリーニング 岐阜
ハウスクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識