腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎の処置法 薬剤と腱鞘炎について

薬剤と腱鞘炎について

腱鞘炎に有効なお薬としてはインドメタシンの入った湿布薬や塗り薬があります。これは処方箋として出してもらえるでしょう。湿布にも冷湿布と温湿布がありますが、病院では冷湿布が出されることがほとんどです。その他に塗る湿布薬を出してくれることもあります。

しかし、湿布だけで痛みは取れない場合もあり、湿布を貼ったからと腱鞘炎が簡単に完治するということは多くありません。安易に治ると考えるのは危険です。ただ軽度の症状であれば、腫れや引っ掛かり感などを多少抑えることが出来ますし、痛みも多少は和らげることが出来るでしょう。

湿布薬と同時にサポーターなどを利用することでさらに痛みを軽減させることが出来ます。重度の場合は、一緒にサポーターや装具などを併用して腱鞘炎を優しく庇ってあげることで、痛みが落ち着く場合もあります。

その他に腱鞘炎に効果的な薬として消炎鎮痛剤などの飲み薬があります。これらは市販でも販売されています。ただ、市販の薬でも効くことは効くと思いますが、腱鞘炎そのものを治すわけではありませんし、飲むことで胃が荒れてしまうこともあります。病院などで消炎鎮痛剤を処方してもらう時は胃薬と一緒に出されることがほとんどです。

ステロイドが入った軟膏などが処方されたりすることもあります。軟膏を塗ることで皮膚炎や痒みが発生することもあるため、そうなった時はすぐに使用を中止するようにして下さい。ステロイドの注射も副作用が起こることがあります。ただ闇雲に何度も打てば良いということではありません。

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識