腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎の処置法 他にもある腱鞘炎の治療方法

他にもある腱鞘炎の治療方法

腱鞘炎に有効な処置は他にも様々なものがあります。腱鞘炎の防止のためには酷使し過ぎないこと、腱鞘炎の部位を出来るだけ使わないというスタンスで向かい合いましょう。「使わない」ことが腱鞘炎には一番効果的です。これは難しいことですが、心掛けるだけでも大切なのです。常に頭にそのことを置いた上で、日常生活から対策を考えていきます。

腕や指先の運動に関係のある箸や鉛筆を出来る限り使わないようにすること。さらには様々なオートメーションを利用して手を使わないようにすると効果的です。とにかく運動量を減らすことが第一です。今まで手動の歯ブラシで磨いていたのを電動に変えたり、細かい手の動きを出来るだけ減らせるように切り替えるだけでも効果が望めます。

腱鞘炎の悪化を防止するために安静にして自然に治るのを待つのです。すべての対処方法は民間療法になりますから日々気を付けることで症状は変わってきます。なるべく腕を使わない生活を心掛けましょう。

重度の腱鞘炎の場合だと手術で治療するという方法もあります。腱鞘炎によって硬化してしまった筋肉を取り除く方法で、局部麻酔で手術を行うため危険性は低いです。しかし、手術後に少なからず筋力が低下してしまう人が多いです。リハビリをきっちりと行うことが大切でしょう。リハビリをすることによって筋力低下を取り戻すことは出来ますが、手術中に神経に傷がつくことで後遺症が残ってしまう可能性もあります。実際に後遺症が残ってしまっている方もいるため、手術をするという治療方法は最終手段と考えられています。

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識