腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎の種類 バネ指

バネ指

腱鞘炎は、正式には狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)と言いますが、この狭窄性腱鞘炎には、いくつかの種類がありますが、その1つにバネ指(弾発指)と呼ばれるものがあります。ここでは、その「バネ指」について説明させて頂きたいと思います。

指には腱というヒモがありますが、このヒモによって指の曲げ伸ばしをすることが出来ます。これを屈折腱と言いますが、この屈折腱には、腱の浮き上がりを押さえる靭帯性腱鞘と言われるトンネルがあります。

屈筋腱と靭帯性腱鞘の間で炎症が起こると指の付け根に痛み、腫れ、熱感が起こるようになります。ここまでが腱鞘炎ですが、この腱鞘炎が進行すると、バネ現象が起こるようになり、バネ指と呼ばれるものになります。

バネ指は、親指に起こることが多いですが、他の指に起こることもあります。そして、50〜60歳代の女性に多いと言われています。指を曲げた時に、伸ばそうと思っても伸びなかったり、無理に伸ばそうとすると痛みが生じるような症状をバネ指と言います。また、指を曲げた際に、急にがくっと曲がってしまう症状もあり、この症状が悪化すると、関節を動かすことが出来ない状態にまで、なってしまうようです。

バネ指は負荷のかけすぎが原因で起こると言われています。指を使いすぎたり、腱鞘に負担がかかる重たいものを持ったりすることで起こります。

ですから、バネ指にならないようにするためには、同じ部位に継続的な負荷をかけないようにするということが大切になります。仕事で指を良く使用する人も途中で、必ず休憩をはさむようにしましょう。クールダウンしてあげるようなストレッチなどを心がけ、腱鞘炎が慢性化しないように注意することが大切になります。

腱鞘炎の種類

化膿性腱鞘炎
アキレス腱鞘炎
バネ指
狭窄性腱鞘炎

筆耕
筆耕なら書道サービスで!

ドレスレンタルの
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識