腱鞘炎治療ガイド TOP → 腱鞘炎の種類 狭窄性腱鞘炎

狭窄性腱鞘炎

狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)は、ドゥケルバン病とも呼ばれている疾患です。ドゥケルバン腱鞘炎は、手首における代表的な伸筋腱炎の1つになります。

狭窄性腱鞘炎になると、親指側で腱鞘が肥厚して、狭くなり潤滑に動かすことができなくなります。何らかの原因で、腱鞘が炎症を起こしてしまうと、腱が腱鞘内をスムーズに通れなくなるのです。

主な原因は、やはり手や指を使いすぎたりすることがですが、ちょっとしたことが原因で狭窄性腱鞘炎は起こります。最近はパソコンが普及していますので、パソコンの使用によって狭窄性腱鞘炎を起こす人も増えてきています。その他には、妊娠や出産、更年期障害などが原因でも起こることもあるようです。また、あまりありませんが、ガングリオンなどの腫瘍によって、圧迫されて、痛みが起こることもあります。

症状は、痛みと腫れの両方があるのが特徴で、日常生活の中で、何かモノを掴む時などに痛みが起こることになります。症状がひどくなるとしびれたり、指が全く動かなくなる機能障害や、むくみなどが起こります。

治療するためには、痛みの原因となっている作業を控えることが大切ですが、仕事などで狭窄性腱鞘炎になってしまった場合は、作業を控えるというわけにもいかないですよね。そのような場合は装具を装着して、無駄な動きを控えるようにしましょう。

手首が疲れたなぁと思ったら、軽くでも良いので、ストレッチを行うようにしましょう。

腱鞘炎とは

腱鞘炎の処置法

腱鞘炎の種類

腱鞘炎にならないために

腱鞘炎の豆知識