大手町に徒歩圏内。ディームス大手町ノースの魅力について

物件概要

ディームス大手町ノースは2020年2月に完成した新築のマンションで、地上13階建て総戸数66戸となります。外見はクールでおしゃれ、内装は日当たりが良く開放感がある高級マンションですが、その最大の特徴は大手町から歩いて10分という圧倒的な立地にあります。
一般的に千代田区・港区・中央区を都心3区といい、都心へのアクセスの良さというのはここへのアクセスの良さを言うことが多いです。その中でも特に都心の中の都心と言える大手町エリアに徒歩でアクセスできるということは、それに高い価値をおく人にとっては他に代えがたい物件であると言えるでしょう。

特徴

圧倒的な立地
東京の都心部といってもその範囲は広く、相対的な表現でもあります。ほぼ山手線のエリアを都心ということもあればターミナル駅周辺の繁華街を指すことも、港区・千代田区・中央区の「都心三区」を指すこともあります。しかし東京の中心は江戸時代より現在の皇居のある場所であり、皇居に隣接する大手町エリアが真の意味での都心部であるということが誰もが異存のないところでしょう。
タワーマンションなどが立ち始め都心回帰と言われるようになってから20年以上の年月が経ちますが、その間に開発された物件は、湾岸地域などの埋め立て地や、かつて東京がもっと地理的に小さかった頃にその郊外部分に作られた工場や倉庫や流通施設などを再開発したものが多く、本当の都心部の大手町エリアに隣接した、それこそ江戸時代から住宅地や繁華街となっていたエリアにそうたくさんの物件があるわけではありません。具体的に言うと千代田区にはハイグレードな新築マンションが数多く出てくるわけではありません。
そんな中、ディームス大手町ノースは、千代田区神田多町2丁目に2020年2月に竣工した、地上12階建66戸の高級マンションとなります。
最も近い駅はJR神田駅で徒歩4分。物件名にもなっている大手町へは徒歩10分という場所にあり、特に大手町に活動拠点のある人にとっては他に代え難い立地のアドバンテージがあります。大手町まで地下鉄で数駅とか、タクシーに乗っても近いといった立地のマンションは数多くありますが、本当に歩いてすぐに行けるという場所に建っている物件はあまり多くありません。
高級感のある外装と開放感のある内装
大手町に近く皇居からも程近いという周辺の環境を調和するような、質感の溢れる堂々とした外見とファサードを持っています。内装は採光部の大きい開放感にあふれる作りとなっています。間取りは1DK、1LDK、2LDKで、プランそのものはシンプルながら動線を考慮した暮らしやすい空間設定となっています。
すなわちこの立地にふさわしいだけの外装と内装を備えており、また設備もそれに伴った充実度を誇っています。
キッチンでも人工大理石のワークトップに、生ゴミ処理機のディスポーザーや食器洗い乾燥機やサイレントレール引き出しが全体で採用されており、浴室も追い焚き給湯器、浴室換気暖房乾燥機、サーモスタット式シャワーが採用されています。
タイプによって多少異なりますが、床暖房やウォークインクローゼットやシューズインクローゼットなども整備されており、ダブルロックやオートロックシステムや防犯カメラやエレベーター内モニターなど、セキュリティ面も整備されています。共用廊下は内廊下で高級感があふれ、さらに補助手すりが設置されています。2020年レベルの最新の内装が整備されており、大変高級感を伴ったものとして、満足がいく仕上がりとなっていると言えます。
住みやすく上質なエリア
神田駅から徒歩4分、大手町から徒歩10分ですので、まさに都心の中の都心と言った場所に位置しており、周辺は住宅エリアというよりもビジネスエリアではあります。郊外の住宅地的な意味の住みやすさとしては住宅専用に再開発された地域にはかないませんが、もともとが江戸時代からの住宅地や繁華街であったことから、周囲には飲食店が多く、また昔からの居住人口があるためスーパーマーケットなどの生活をしていくための店も周囲に揃っています。
確かにここはベビーカーを押して行ける公園や子供連れで行ける店や車で出かけるショッピングモールが豊富にある場所ではありません。しかし必要な日常生活をきちんと送りながらも江戸の香りを残すハイレベルな店が多くあるエリアでもあります。すなわちここは、大人の都市生活に向いた場所であると言えるでしょう。
出張の多い方の東京拠点やセカンドハウスとして
住宅用不動産物件は、都心部に会社があるサラリーマンが郊外に住宅を持つというライフスタイルを念頭においているため見過ごされがちになっていますが、東京の特に都心部にビジネスのニーズがある人というのは、必ずしもそこに勤務する人たちばかりではありませんし、子育て世代が家族全員で住むというわけでもありません。
地方に住む人で東京に頻繁に出張に来なければいけない人が毎回ホテル住まいでは、不便でコストも掛かり荷物も多く、日中のアポイント以外の時間に仕事をする場所にも困るということはよくあります。またフルタイムの仕事のリタイヤ後も、非常勤で週に何度か都心部に通うという方もいます。
そのような人たちの仕事の場所は、特に大手町などの都心部にあることが多く、そこへのアクセスは大切になります。また新幹線で地方から移動してきた時に、そこからさらに1時間も2時間もかけて拠点に行くのでは、それだけで疲れてしまうでしょう。日帰りや一泊程度ならばともかく、まとまった時間を過ごすことになるのに、荷物を全て手で持たなければならず、着替えを置いておくこともできず、日常の身の回りの物を買うこともできないと言うのでは不便です。
そのため都心部から近く、生活もしやすく、居住が快適で、サテライトオフィス的に使うこともできるという物件は、そのようなビジネススタイル・ライフスタイルの人にとってはちょうどよい物件であると言えますし、ましてそれが大手町から徒歩圏内にあるというのは得難い物件であると言えます。

メリット

都心の高級マンションといってもいろいろな特性がありますが、ディームス大手町ノースはどのような人のどのようなニーズにも合うというものではなく、かなり尖ったメリットを持っているといえます。
物件の近くに小学校があるとはいえ、子育てファミリー世帯にとって最適な物件であるとは言えないですが、あえてデメリットというのならばそれぐらいしかなく、全てが高いレベルで満たされている高級マンションです。しかしディームス大手町ノースのメリットは欠点がないということよりも、その圧倒的なアドバンテージに注目するべきでしょう。そのアドバンテージとは立地です。大手町から徒歩圏内の新築高級マンションはあまり物件がなく、大手町や霞ヶ関に頻繁に用事があり、千代田区内の用件と用件の間に一旦帰宅して休んだり着替えたりしたいと言ったニーズを持つ人にとっては、なかなか得られない圧倒的なメリットを提供する物件であると言えます。
そしてそのようなライフスタイル・ビジネススタイルを持つような人を十分満足させるような外装と内装と設備を持ち、仕事以外の時間を生活維持や飲食または趣味の時間を過ごすにしても十分に質の高い店舗や施設が存在しているエリアでもあります。
そのようなニーズが既に存在している人たちにとっては唯一無二の物件であるといえるでしょう。